新着・特選物件 テナント情報
店舗物件情報
オフィス・事務所物件情報
テナントナビゲーター
ご紹介実績
会社案内
京都の貸店舗・貸事務所・オフィスビル・京町家等のテナント総合サイト「テナントプラザネットワーク」
京町家・町屋の賃貸・売買・管理|町家情報プラザ
京都の貸事務所、オフィスビル、教室、医療、美容向け物件情報のオフィスプラザ
スタッフブログ

推奨物件検索


一階店舗
飲食店向き店舗
京都町家・賃家
スタッフお薦め
物件をお探しの方はこちら
物件のオーナー様はこちら
会社概要・事業内容ダウンロード

店舗のご案内


店舗所在地

営業時間:9:00-18:00
定休日:日曜、祝日

テナント総合コンサルティング事業のテナントプラザネットワーク
京都の貸店舗・貸事務所・オフィスビル・京町家等のテナント物件情報のテナントプラザ
町家(町屋)・京町家(京町屋)の改装・賃貸・売買の町家情報プラザ
京都の貸事務所、オフィスビル、教室、医療、美容向けテナント物件情報のオフィスプラザ
店舗出店・開業プラザ
不動産相談プラザ

提携会社


飲食店開業コンシェルジェ
CLAP不動産
ショップデザイン・住宅デザイン・リフォームの株式会社クラップ(CLAP) デザイン・印刷・WEB・各種販促ツール作成 株式会社ティーアンドピー
テナントナビゲーター(オフィス・事務所)
トップ > テナントナビゲーター(オフィス・事務所)    フォームからのお問い合わせ
テナントナビゲーター(店舗) テナントナビゲーター(オフィス・事務所) テナントナビゲーター(オーナー)
〜オフィス・事務所賃貸の流れ〜
物件を探す ・希望エリア、面積、入居時期、ご予算等のヒアリング。 費用
無料
 
物件の紹介 ・物件情報をFAX、メール等で随時紹介。

費用
無料
 
現地案内 ・希望の物件について現地偵察をします。
周辺環境、設備等チェック
・物件によってはオーナーが立ち会うこともあるので不明な点等確認し、要望を伝えておくことができます。
費用
無料

 

 
入居申込 ・入居の意志がある事をオーナーに示すもので申込をしないと物件を押さえることが出来ません。
・最終的に物件が選定されたら「入会申込書」を貸主に 提出します。
・貸主は入居申込書に基づいて信用調査を行い、通常1週間前後で申込者に可否の返答を出します。
必要書類 費用
・申込人捺印
・保証人捺印
・会社概要

 

無料
 
契約準備 ・契約書の内容を雛形にて確認します。
 契約日の日程を決定します。
・物件によっては契約までの間に手付金が必要な場合があります。
・手付金
(保証金・敷金の20%が相場)
 
重要事項説明

契約締結
・契約前に宅地建物主任者が物件の内容を説明
 重要事項説明書は仲介業者が2通作成し、説明後、借主が署名・捺印し各一通ずつ保有します。

・賃料借契約書に署名・捺印
・契約書は2通作成し、貸主。借主各1通ずつ保有します。
・契約までに決済金の入金。
・仲介手数料の入金。
必要書類 費用
・署名、捺印

・実印
・印鑑証明
・商業登記簿謄本
・保証人実印
・保証人印鑑証明



・契約金
・仲介手数料
 
物件引渡し ・決済確認後、鍵の引渡しなどにより物件の引渡しを行ないます。
・物件引渡し後に貸室の内装等の工事を開始することができます。
 
入居中 ・貸室内の設備等、お困りのことがございましたら随時ご相談させて頂きます。
・更新手続きもお任せください。
 
移転・退去(解約手続き) まずはテナントプラザにご連絡下さい。
・移転の場合 ・・・解約手続きと同時進行でスケジュールに合わせて物件のご紹介を開始いたします!
・現オフィスの賃貸借契約内容確認
 解約予告の確認(通常3ヶ月前、6ヶ月前)
 保証金、敷金の返還時期・金額の確認
・原状回復の条件確認
 業者選択ができるか? → 業者の手配とスケジュール
 どこまでの原状回復が求められているか?
・原状回復工事着手
・預託金の返還 → 契約完了、鍵返却
必要書類
・解約通知書

 

 

 

 

 

|オフィス移転マニュアル

〜物件検索、ご提案〜ご契約、店舗OPENまで〜
  現事務所 新事務所
 
契約書の確認
□解約予告期間
□預託金の返還時期
移転の目的・条件を明確化する
□立地・場所
□時期
□賃料等の予算
□面積決定
原状回復内容の確認
□費用はどのくらいかかるのか
□貸主指定業者を利用しなければならないのか
□解約予告通知
物件の情報収集・選定
□周囲の環境
□館内仕様細則
□外観・共用部のイメージなど
□室内設備の確認
□駐車場の有無
契約内容確認
※契約面積は共用部分の
トイレ・EVホール等を含む場合など物件により異なりますのでチェックが必要です。
□移転手続き
※移転案内・ホームページ、会社案内の表記など早めに準備しておきましょう。

□内装業者(電気工事)選定
□OA機器移転業者の選定
□電話・FAX移転業者の選定
□引越し業者の選定
□内装工事内容、予算決定
□移転スケジュールの決定
□旧事務所の原状回復工事の開始
□オーナーによる内装の確認
※契約期間満了までに工事が終わるようにしましょう。

前ビル契約終了
□鍵の返還
□敷金及び保証金の精算、返還等
営業開始
□行政への各種手続き
※手続きは意外に多く面倒です。時間がない場合は行政書士に一括して依頼すると手続きにも漏れがなく安心です。